話題の新商品コスメをアナタに代わっておためし&レビュー

美容液成分81パーセント!スキンケア感覚で使えるエクセルの新作!『スキンティント セラム』

Released from 常盤薬品工業

ノエビアグループの常盤薬品工業株式会社(東京都港区)が取り扱うメイクアップブンドエクセル』ら、 美容液成分を81パーセントも含み、スキンケ感覚で使えるファンデーション『スキンティント セラム(全4色)が新発売。塗るだけで、素肌以上に透明感あふれるツヤ肌に導いてくれる、頼もしい1本だ。早速その使い心地を試してみた。

素肌と一体化するようなナチュラルなフィット感!

スキンティントセラム』(税込1,944円・35g・3月19日発売)は、つけるたびに肌が喜ぶスキンケア感覚のファンデーション。その名の通り、美容液のように心地良いテクスチャーがなめらかにのび広がり、まるで素肌と一体化するかのようにピッタリとフィット。美容液 81%で、しっかりスキンケアしたような保湿感をもたらしてくれる。さらにミラーボール型のパウダーが光を多方向に拡散することで、実際の素肌以上に透明感あふれるツヤ肌を演出。カバー力がありながらも重さや厚塗り感がなく、毎日のスキンケアの延長のような感覚でつけられるセラムファンデーションなのだ。

ニーズに応えて黄みの少ないピンク系カラーもラインナップ!

今回試してみたのは、明るめの「ST01」(ナチュラルオークル10)

その他、標準色「ST02」(ナチュラルオークル20)、やや暗めの「ST04」(ナチュラルオークル30)、黄味の少ない肌の人向けのピンク系の標準色「ST03」(ピュアオークル20)がラインナップされている。

「ST03」は、パーソナルカラー意識が高まる昨今、黄みの少ない色を求める人の声を反映してラインナップさせたカラーなのだとか。

 

ちなみにベージュオークル系「ST01」とピンクオークル系「ST03」の色味の違いは以下の写真の通り。

上がST01(ベージュオークル系)で下がST03(ピンクオークル系)。比べてみると違いがよくわかる!

これまでは肌の赤みをカバーする「ベージュオークル」が主流だったが、最近では黄みが少ないものを求める人も増えており、ピンク系のニーズが高まっているのだとか。頬にのせてみて自分の顔色に一番しっくりくる色を選ぶのをオススメする。

中心から外側に向けて薄くなじませるのがポイント!

手の甲でテクスチャーを確かめてみると、美容液のようになめらかでのびがいい!

美容液のようになめらかでのびがいい

それでは、実際にST01(ナチュラルオークル10)を塗り広げていこう!

肌に吸い付くようにフィットする感覚!

指先で顔全体にのばした後、両頬に広くのせ、目の下に向かって薄くのばしていく。 まぶたにもうっすらとなじませると、くすみをカバーできる。皮脂が多く崩れやすい鼻周りや額には、くれぐれも「つけすぎない」のがナチュラルメイクのコツ。
あくまでも毛穴を埋めるように、薄く薄くなじませていくのがポイントだ。気になる部分は、コンシーラーを併用するのがベスト。

「もっと小顔に見せたい!」という場合には、の中心よりも外側をほんの少し暗めに仕上げると、顔に陰影が出来て小顔見える。

額の生え際やフェイスラインま均一にげず、中心から外側にかけて自然にかしていくと効果的。

しっとりしたツヤ肌の完成!!

みずみずしくのびがよく、肌にのせても重たくないので毎日のスキンケアの延長のように使えるというフレーズには納得!
肌の赤みや薄いシミ程度であればしっかりカバーしてくれているのに、ツヤツヤで透明感のある仕上がり。
ちなみにUVカット値はSPF28・PA++。
肌に溶け込むようにフィットし、下地なしでも使えるから、忙しい女性にとって心強いアイテムになってくれるに違いない。
また、持ち運びにも便利なサイズ感でゴールデンウィーク中の旅行に持っていくのにも良さそう!新幹線の移動中や旅行先のホテルなど旅行中は何かと乾燥が気になることが多いが、美容液たっぷりなこのファンデーションならきれいなツヤ肌を演出してくれるだろう。
エクセル『スキンティンセラム』は、各税込1,944 円。購入はオンラインショップ・ドラッグストアなどで。

公式サイトへ

arrow_upward