話題の新商品コスメをアナタに代わっておためし&レビュー

【保存版】大人気下地「ポール & ジョー」のプライマー3種を徹底比較!人気の理由を探る

Released from ポール & ジョー ボーテ

優秀なのは結局どれ!?

高い評価を集めている『ポール & ジョー』の化粧下地。女性誌の中でも美容通がおすすめする化粧下地としてよく名前があがっているブランドだ。『ポール & ジョー』のコスメのラインナップの中でも化粧下地はダントツの人気を誇っているという。

とはいえ、一口に化粧下地と言ってもいくつか種類があり、それぞれテクスチャーや仕上がりは異なる。

人気ブランドの下地を試してみたいけれど「どれを選んだらいいかわからない」「何が違う?」と悩んでしまいそう。というわけで、今回は『ポール & ジョー』の下地をたっぷりと深掘りする企画をお届けしていこう。

今回は『ポール & ジョー』の下地の人気の理由と、3種類の下地の違いについて徹底的に調査してみた。

結論から言うと、記者の今シーズン1番のおすすめは『ラトゥー エクラ ファンデーション プライマー N』だと思った!

『ポール & ジョー』下地の特徴は?人気の理由は?

まず、『ポール & ジョー』の下地の人気の理由について考察してみよう。

じつは『ポール & ジョー』の下地の人気は、2000年初頭から続いている。コアなコスメユーザーがインターネットで情報交換できるようになった時期からクチコミを通じて人気が拡大し、大手化粧品クチコミサイトでは2005年から化粧下地部門の上位の常連となっていた。

人気理由としては、毛穴を自然に補正して上品なツヤ肌を演出できるだけでなく、高い保湿力もある点。さらに、オールシーズン使える軽めのテクスチャーである点だ。

また、5,000円を優に超える化粧下地が珍しくないデパートコスメの中で、比較的リーズナブルな価格であることも外せない!「ポール & ジョー ボーテ」のPR担当者によれば、1度の使用量は1プッシュ。約150回相当の量が入っているとのことで、毎日1プッシュ使っても約5ヶ月間弱使える計算だ。デパートコスメであることを踏まえると、コストパフォーマンスという点ではかなり優れていると言える。(価格詳細については、各アイテムの紹介パートで。)

ボトルのデザインは、毎日のメイクにときめきを与えてくれるような乙女心をくすぐるフォルムが印象的。

さて、ここで『ポール & ジョー』の人気下地のラインナップをご紹介。以下の3種類だ。

(1)『モイスチュアライジング ファンデーション プライマー S』(中)
(2)『プロテクティング ファンデーション プライマー S』(左)
(3)『ラトゥー エクラ ファンデーション プライマー N』(右)

左から『プロテクティング ファンデーション プライマー S』『モイスチュアライジング ファンデーション プライマー S』『ラトゥー エクラ ファンデーション プライマー N』

PR担当者によれば、1番人気の定番が『モイスチュアライジング ファンデーション プライマー S』だという。改良を重ねながら超ロングセラーとなっている定番品だ。

『プロテクティング ファンデーション プライマー S』は、高いUVカット効果を加えたタイプ。

そして『ラトゥー エクラ ファンデーション プライマー N』は、2015年に発売され、3種の中では最も新しいプライマー。

この3種類を順番に検証していこう。

なお、比較検証を行う前に皆さんに前もってことわっておきたいのは、今回は、消費者目線で商品検証していく記事であり、「広告ではない」という点だ。『ポール & ジョー』ブランドを保有する「ポール & ジョー ボーテ」に対しても、3種類の下地の良い点・悪い点も読者に正直に伝えていくことを伝えたうえで、今回取材にご協力頂いている。

1:モイスチュアライジング ファンデーション プライマー S

まずは、定番人気の『モイスチュアライジング ファンデーション プライマー S』(30ml・参考小売価格 税抜3,500円・全3色)からお試し。カラーは3種類だが、記者の肌色を踏まえて「01」番をセレクト。

手にワンプッシュ取ると、ゆるやかなテクスチャー。そして、上品なフローラルの香りがふわっと香った。一見パール感がないように見えるものの、伸ばしてみると、微細なパールが入っているのがわかる。これは、『ポール & ジョー』の独自の処方である「スクレドール」と呼ばれるシャンパンゴールドパールの処方で、肌のくすみや色ムラ、毛穴をカバーし、自然なツヤと立体感を与えてくれるんだとか。

肌にのせると上品なツヤ感が出て、素肌が一段階格上げされるような感じ。「もともとツヤがある肌」というように、ギラつかず、マットすぎず、バランス感がちょうどもいい。

肌がくすんで見えやすい蛍光灯の下でも、肌のアラが目立ちやすい太陽光の下でも自然な仕上がりだ。

記者の手持ちのファンデーションとの相性を調べてみたが、セミマットなリキッドファンデーションとの相性は抜群で、控えめなツヤ肌が完成。カバー力高めのクリームファンデーションをのせると“スキのない肌”が完成した。

いずれの場合も日中は崩れず、くすまずツヤ肌をキープ。朝塗って夕方に口元に乾燥を感じたが、朝の保湿をきちんとしたら、翌日は解消された。

一方で、記者の乾燥肌寄りの肌質の問題だと思うが、パウダーファンデーションは塗った直後はキレイなのだが、時間が経つとややカサつきが気になった。

カラーは全3色で、肌をトーンアップするピンク系「01 ドラジェ」、素肌のフレッシュさを引き立てるオレンジ系の「02 ハニー」、クリアカラーの「03 クリーム」

「ポール & ジョー ボーテ」のPR担当者によれば、「03」は、「素肌の色を活かしながらなめらかに整えることができる」という。

日焼け止め効果は、「01」と「02」はSPF15 PA+。「03」は、SPFなし。

外回りの多い女性や、アウトドア派の女性にとってはちょっぴり心もとないが、SPF値の高いファンデーションやパウダーを併用すれば、そのあたりの心配はカバーできそう。

ギラつき感のない自然なツヤ肌がかなうので、デイリー使いからパーティーメイクまで幅広いシーンで活躍するのではないだろうか。

12次へ

arrow_upward