話題の新商品コスメをアナタに代わっておためし&レビュー

【モテメイク大解剖】ブルベでもイエベでも相性抜群!「コーラルメイク」で速攻モテ顔完成!

Released from ポール & ジョー ボーテ、ミシャジャパンほか

■STEP3:デカ目は目指さない!「アイメイク」は全体のバランスを見ながら

目を大きくすることに特化したアイメイクが流行した時期もあったが、極太アイライナーやバサバサまつ毛はナチュラルさとは相いれない。最初にお伝えしたように、「モテメイク」に必要なのは、「ナチュラルを装うこと」「各パーツのポテンシャルを引き出すこと」だ。目力アップメイクに慣れた人は、「目を大きく」から「目元を美しく演出」というベクトルに切り替えることが大切だ。

コーラル系アイシャドウでおすすめしたいのが、CLIO『クリオ プリズム エア アイシャドウ』(2.3g・参考小売価格 税抜1,600円)「016 CORAL」。華やかさと上品さを兼ねそろえた色味と決して派手すぎない繊細なラメの輝きがポイント。

まぶたにのせると濡れたようなラメ感が美しく、しっとりなめらかなテクスチャーでしっかりと密着。粉がきめ細やかで、メイク持ちも良いと評判だ。コーラルカラーのチーク『NARS ブラッシュ(4013N ORGASM)』とも相性が抜群。

小さくキラキラっとするラメ感が絶妙で、嫌味なく華やかに仕上がる。

アイラインはとにかく細く細く、まつげの間を埋めるように引いていく。目尻の「ハネ上げ」はほどほどに、目尻からはみ出すのは1~2mm程度で抑えておく。漆黒よりもダークブラウンを使用することで「ヌケ感」や「優しさ」を演出できるのでぜひおすすめしたい。

また、マスカラはボリュームタイプよりも1本1本のまつげを自然に伸ばすロング&セパレートを使用。“ダマ”や“バサバサ”まつ毛はもってのほかと心得たい。

公式サイト

■STEP4:「リップメイク」はミルキーコーラルで顔色も明るく

リップメイクは、素の唇の自然な血色感と、プルっとしたうるおいを演出。うるおいと言ってもグロスでギラギラ・ベトベトの仕上がりではちょっと時代遅れ感が漂ってしまうので、しっとりとしたテクスチャーのものを選びたい。

数あるリップの中でもコーラルカラーは顔色がパっと明るくなるので、メイクバランスがとりやすい。

使用したのは、イヴ・サンローラン・ボーテ『 ルージュ ヴォリュプテ シャイン』(参考小売価格 税抜4,100円)

「NO.15 コライユスポンティニー」は、通称「婚活リップ」と呼ばれ、「恋が叶う」「プロポーズされる」というクチコミも集まる王道モテカラー。ほんのり香る甘いマンゴーの香りが印象的だ。

ミルキーなコーラルカラーで、ピンクが苦手な女性でも肌色を選ばず使える。青みがなく甘くなりすぎないので、大人の女性にもおすすめカラーだ。

公式サイト

■コーラルメイクは、「全方位モテ」かつ「誰でもキマる」万能カラー

さて、ここまでコーラルカラーを用いたメイクのポイントを解説してきたが、コーラルカラーは異性ウケはもちろん、性別問わず初対面の印象をも良くしてくれる万能なカラーともいえる。フェミニンでありながら異性にこびている雰囲気はないので、仕事でも遊びでも幅広く使えそう。

清潔感あるメイクは職場でも使える!

様々な場面で活用できるカラーなので、自分に合ったコーラルメイクのアイテムを探してみては!?

前へ 12

arrow_upward