話題の新商品コスメをアナタに代わっておためし&レビュー

原液美容液がアツイ!自分好みにカスタムできる!化粧水にも混ぜられる『カスタムナンバートリプルスリー』をおためし

Released from スリーアンク

肌悩みによって選べる8種類!

昨今「原液美容」が話題になっているのはご存知だろうか?海外では原液美容がブーム。そしてこの度、ニューヨークの調剤薬局で先行発売して話題となった原液配合美容液ブランド『カスタムナンバートリプルスリー バイニューヨーク』が日本初上陸! 自分でカスタマイズできるあなた専用原液美容とは?気になるアイテムをひと足早くおためししてみた!

今どうして原液美容液が注目されているの?

日本ではまだ、原液美容液という言葉にあまりなじみがないという方も多いはず。そもそも原液美容液とは、化粧品原料メーカーから出荷された原料に手を加えずにそのまま使用した美容液のこと。

「1.いつもの化粧水に好きな量を混ぜて使えること」「2.豊富なラインナップから自分の肌に合ったものをセレクトできること」「3.価格がお手頃で挑戦しやすいこと」などから人気を集め、海外では今原液美容ブームなんだとか。

8種類からセレクトできる『カスタムナンバートリプルスリー バイニューヨーク』

今回ご紹介する『カスタムナンバートリプルスリー バイニューヨーク』(全8種・希望小売価格 税抜780~1,450円・2020年3月発売)は、この春日本に初上陸する原液配合美容液ブランド。ニューヨークの調剤薬局「APOTHECARY NYC(アポセカリー エヌワイシー)で先行発売して話題を集めた商品だ。

ラインナップは20ml(4種類)と10ml(4種類)の2ライン展開で、季節や肌の状態に合わせて選べる豊富な全8種類。

左から「濃密ヒアルロン酸(780円)」「3種セラミド(780円)」「発酵プラセンタ(980円)」「浸透コラーゲン(780円)」

20mlのラインは、ヒアルロン酸やコラーゲンなど、化粧品のパッケージなどで比較的目にする、1つは持っておきたい定番の成分が並ぶ。

左から「和漢ハトムギ(980円)」「直塗レチノール(1,080円)」「濃厚フラーレン(1,450円)」「幹細胞/アルガン(1,400円)」

そして、10mlのラインには、レチノールやフラーレンなど、主にエイジングケアに特化しており、日々の特別ケアにプラスしたい贅沢なラインナップだ。

それぞれ以下の肌悩みに合わせて選択することがおすすめだそう。

<20mlライン>
・濃密ヒアルロン酸 → 乾燥が止まらない、粉吹き肌に
・3種セラミド → 乾燥、敏感ゆらぎ、インナードライ肌に
・発酵プラセンタ → 肌全体の毛穴、くすみ、ハリ不足に
・浸透コラーゲン → 頬など顔全体のハリ、弾力が不足している肌に

<10mlライン>
・和漢ハトムギ → 敏感ゆらぎ、肌荒れ防止に
・直塗レチノール → 目元、顔全体のハリ不足に
・濃厚フラーレン → くすみ、透明感が足りない肌に
・植物幹細胞(アルガン) →水分量やハリが不足しがちな肌に 

使い方はいつものスキンケアに数滴プラスするだけととっても簡単。もともと使っているアイテムを差し替えないですむ点は、新しいスキンケアアイテムを使うより挑戦しやすい上、ひとつひとつが小さめサイズで価格がお手頃な点もお試ししやすいポイントだ! いくつも揃えたくなるコスパの良さはもちろん、原液のためアルコールフリーで敏感肌の方でも安心して使える点も魅力的。

いつものスキンケアにプラス! 気になる使い心地は?

そんな注目の最新スキンケアアイテムをさっそくおためししてみた。今回は季節の変わり目、花粉などで揺らぎやすい肌を整えるため、「うるおいチャージ&肌荒れ予防」を目的に2つの原液美容液をセレクト。まずはテクスチャーなど使用感を見ていこう。

まず1つ目は20mlのラインから「ヒアルロン酸Na」。保湿膜を作ることでうるおいを閉じ込め、しっとりとした肌へと導いてくれる。

キャップを開けるとスポイト状になっていて、1滴単位で出す量が調節できる。

手の甲に2~3滴たらしてみると、少し粘り気のあるテクスチャーだ。香りは無香料。

指で伸ばしてみると、トロンとした原液がスーッと肌に吸い込まれるようになじんでいく。

塗ったあとの肌表面はすぐにサラリとした手触りになり、ベタつきも一切なし。浸透するスピードの速さを実感した。

10mlのラインの「ハトムギエキス」は揺らぎやすい肌のコンディションを整え、肌荒れを防いで健康な肌へと導いてくれる。

こちらはヒアルロン酸のような粘り気はなく、サラッとみずみずしいテクスチャー。

いつもの化粧水にプラスするだけ!手軽さも魅力!

さっそくいつもの化粧水に数滴プラスして使ってみる。

まずは「ヒアルロン酸Na」を普段使っている化粧水に、3滴ほど加えてみる。

好きな量を混ぜていつものようにスキンケアするだけなので本当に簡単だ。

使い心地はとてもナチュラルで、化粧品特有の香りや重すぎる質感が苦手な方でも違和感のない使用感。いつもより肌の手触りがしっとりモチモチになった!かと言ってベタつき感はないのがうれしいところ。

記者の場合、乾燥するのにテカリも気になることが多いのだが、3日間ほど続けて使用することで、テカリが気にならなくなり肌のハリがアップしたように感じた。気になるテカリの原因は、実は肌に水分が足りていない「インナードライ」だったのかもしれない。

年中同じ化粧水を使っていると、季節の変わり目などで「あれ? いつもの化粧水なのになんだかいつもより乾燥する、物足りない」と思うことも。その時の悩みに合わせて必要な成分を必要なだけプラスできるのが、スキンケアラインを一変させるよりも手軽でいい。ベーシックラインは税抜1,000円以下という価格帯なので、1年中変わる肌悩みによって選んで揃えられるのも魅力的。

続いて、ハトムギエキスをためしてみよう。

ちなみにこの原液美容液シリーズは、化粧水に加えて顔全体に使えるだけでなく、気になる患部にだけピンポイントで塗ったり、複数組み合わせて自分仕様のオリジナル美容液として使ったりもできる!肌コンディションに合わせて成分の濃度を自在に調整できるのもうれしいところ。

「ハトムギエキス」をおでこや顎、小鼻など、肌の荒れやくすみが気になるところに集中的に塗ってみた。季節の変わり目にいつも肌が揺らいで荒れがちな記者の肌だが、特に刺激なども感じずに使うことができた。このハトムギエキスの原液美容液を塗り始めて3日ほど経った今、肌のコンディションはすこぶる良い。

このようにその人の肌悩みに合わせて選べて、使い方も工夫できる話題の原液美容液『カスタムナンバートリプルスリー バイニューヨーク』。ちなみに人気TOP3は左から「プラセンタエキス」「ヒアルロン酸Na」「レチノール」なんだそう。

また、原液美容液の他に化粧水と保湿ジェルも発売される。原液美容液をより深く肌に届けるためのオリジナル浸透成分が入っているということでこちらも要チェックだ!

今日はどれにする? 自分の肌と会話しながら一番ふさわしいケアを

原液美容液がいま注目を浴びるにはそれだけの理由があること、お分かりいただけただろうか?コスパの良さが大きな魅力なのはもちろん、ドレッサーにズラリと並べて、日々変わる自分の肌と向き合い、「今日はこれにしようかな」とその時その時の肌状態に合わせて選べる…そんな自分仕様に作り上げる原液美容法は、常にコンディションの良い肌を目指せそうだ。

購入は公式サイトまたは全国のドラッグストア(3月~8月はココカラファインでのみ取り扱い)などから!

公式サイトへ

arrow_upward