話題の新商品コスメをアナタに代わっておためし&レビュー

化粧水がグングン浸透!【2020最新】人気の導入美容液・ブースターランキング

Released from 花王、良品計画、資生堂

乾燥は秋冬だけだと思ったら大間違い! 紫外線ダメージや冷房などにより、実は夏でも肌は乾燥しがち。うるおい不足の肌を放置すると、肌の生まれ変わり(ターンオーバー)がうまくいかなくなり、古い角質が蓄積されて肌がゴワゴワに……。それを防ぐためには、きちんとした保湿ケアが重要!ということで今回は手軽にうるおいアップのケアができる導入美容液編集部が厳選。人気4ブランドから発売されている導入美容液を徹底検証し、編集部おすすめランキングをご紹介する。

導入美容液(ブースター美容液)とは?

導入美容液(ブースター美容液・プレ化粧水とも呼ばれる)は、肌をやわらかくほぐしてくれる美容液。洗顔後に使うものが多く、その後に使う化粧水や美容液などの浸透を高め、肌のうるおいをアップさせてくれるのが特徴だ。いつものスキンケアにプラスするだけで、手軽&簡単にうるおいアップのケアができる。最近では炭酸タイプで血行を促進してくれるタイプなど、導入のはたらきにとどまらない商品も多い。

化粧水がより浸透しやすい肌にしてくれるため、乾燥肌のケアにピッタリ!

「導入美容液」は、肌の乾燥が気になる方はもちろん、化粧水のなじみがイマイチな方、化粧ノリが悪いと感じている方にもおすすめだ。

そこで今回はたくさんある導入美容液の中から、人気4ブランドの導入美容液をピックアップ。それぞれの商品を徹底検証し、編集部のおすすめランキングをご紹介する。今回厳選した導入美容液は以下の4商品!

・ソフィーナ ip ベースケア セラム
・エリクシール シュペリエル ブースターエッセンス C
・エスト セラム ワン
・無印良品 導入化粧液

左から『ソフィーナ ip ベースケア セラム』『エリクシール シュペリエル ブースターエッセンス C』『エスト セラム ワン』『無印良品 導入化粧液』

それぞれについて、性能(成分など)・使い心地(肌へのなじみなど)・保湿力・その後のアイテムの浸透力・肌への刺激・価格(コスパの良さなど)といった6つの項目を☆5つで判定し、ランキング化した。「どの導入美容液が自分に合っているかわからない」という方は、ぜひ参考にしてみてほしい。

それではさっそく、4位から順に発表していこう!

第4位:エリクシール シュペリエル ブースターエッセンス C

株式会社資生堂『エリクシール シュペリエル ブースターエッセンス C』(90g・希望小売価格 税抜2,900円/編集部調べ・発売中)は、みずみずしく輝くような「つや玉」のある肌に導くエリクシールの最新導入美容液。パチパチ泡タイプの1種のみだったが、今年4月にクリーミーラッピング処方の炭酸泡タイプも新登場! 炭酸入りのクリーミー泡が血行を促進し、肌をじわじわほぐして化粧水がより届く肌へ整えてくれる。

容器を横にして左右に4~5回よく振ってから使用するスプレータイプ。

炭酸入りのクリーミー泡がやさしい感触。やさしいシトラスフローラルの香りがさわやかでリラックスできる。

泡を手のひらに軽く広げてから顔にのばしていく。泡はクリーミーでやさしい肌触りなので、パチパチ泡の刺激が苦手な方にもピッタリだ。

少しとろみのあるエッセンスがなめらかにのび広がり、肌にすーっと浸透。肌なじみが良く、さっぱりした使い心地。

保湿されてふっくらなめらかな肌に整った。その後に使用した化粧水の浸透もよくなり、ふっくらもちもちに。価格もお手頃のため、使い続けやすいのも魅力! ただ敏感肌でエタノールに反応してしまう方には、ちょっと刺激が強いかもしれない。年齢が上がるにつれて化粧水のなじみの悪さを感じている方、パチパチ泡が苦手な方におすすめしたい。

【判定項目】
・性能:★★★☆☆
・使い心地:★★★★☆
・保湿力:★★★☆☆
・その後のアイテムの浸透力:★★★★☆
・肌への刺激:★★★☆☆
・価格:★★★★☆

公式サイト

第3位:無印良品 導入化粧液

株式会社良品計画『無印良品 導入化粧液』(400mL・希望小売価格 税込2,900円/編集部調べ・発売中)は岩手県釜石の天然水を使用した、化粧水の前に使用するプレ化粧水。ツバキ種子エキスなど5種類の植物エキスとアンズ果汁といった天然うるおい成分が配合されている。無香料・無鉱物油・無着色・弱酸性・パラベンフリー・アルコールフリーで肌にやさしいのも特徴だ。一時バズがおき、手に入りにくい時期もあったほど人気のアイテムでもある。

ボトルから適量を手にとって使うのだが、そのまま手にとろうとするとこぼれたり飛び散ったりしやすいため、別売のスプレーヘッドをつけて使うのがおすすめ。欲を言えば、最初からスプレーヘッドをつけたボトルかポンプ式ボトルにしてくれるとありがたいところ。

テクスチャーはシャバシャバで、化粧水と変わらない感じ。

顔全体になじませていく。浸透力が高く、スーッと肌になじみ、さっぱりした使い心地だ。

使用感はさっぱりだが、肌はしっかり保湿されており、手触りがやわらかくなったように感じる。その後に使用した化粧水の入りは、いつもとそこまで大差を感じなかったが、お手頃な価格のためコスパの良さはバツグン! 大容量なのでバシャバシャ使えるのもいい。また敏感肌の記者でも、肌への刺激がまったくなかったのも高ポイント。さっぱりした使用感が好きな方やコスパ重視の方、敏感肌の方におすすめだ。

【判定項目】
・性能:★★★★☆
・使い心地:★★★☆☆
・保湿力:★★★☆☆
・その後のアイテムの浸透力:★★☆☆☆
・肌への刺激:★★★★★
・価格:★★★★★

公式サイト

第2位:エスト セラム ワン

花王株式会社『エスト セラム ワン』(本体90g・希望小売価格 税抜12,000円/レフィル90g・希望小売価格 税抜11,500円・発売中)は、マキアの2019年下半期・エイジングケア部門賞1位を受賞した、炭酸泡の美容液(医薬部外品)。美容成分のエスト先進成分「GPサイクルコンプレックスα」を贅沢に含む微細な炭酸泡が肌をうるおし、やわらかに整えてくれるという。

容器を振らずに使えるスプレータイプ。

密度の高い炭酸泡はとてもきめ細かくクリーミーでふわふわ。フローラルグリーンの香りで気分も上がる。

泡をつぶさないように顔にのせてから、全体に塗り広げていく。

炭酸のシュワシュワ感はほとんど感じられなかったが、非常にのびが良く、肌なじみの良さも抜群!

保湿力も高く、つけて数分後まで肌がしっとりもっちり。その後に使用した化粧水のなじみもグンとアップした。性能などはとても良いものの、やはりその分、価格の高さが気になるところ。コスパの良さよりも効果をしっかり実感したい方、乾燥肌の方におすすめだ。

【判定項目】
・性能:★★★★★
・使い心地:★★★★☆
・保湿力:★★★★★
・その後のアイテムの浸透力:★★★★★
・肌への刺激:★★★☆☆
・価格:★☆☆☆☆

公式サイト

第1位:ソフィーナ ip ベースケア セラム

花王株式会社『ソフィーナ ip ベースケア セラム』(本体90g・希望小売価格 税抜5,000円/編集部調べ・発売中)は、毛穴より小さく濃密な炭酸泡が肌をほぐしやわらげる土台美容液。独自の複合保湿成分「iPコンプレックスD」配合により、うるおいで柔らかく、もちもちした肌へ整えてくれるという。@cosmeのブースター・導入液部門で口コミランキング第1位受賞、マキアのブースター部門賞で第2位受賞など、ベストコスメアワードを複数受賞した実力派でもある。

スプレータイプで容器を振らずに使えるため、洗顔後に即つけられるのが便利。

とてもきめ細かくクリーミーな炭酸泡。なんと1回あたりの使用量(直径3cmくらい)=約2,000万個のマイクロ炭酸泡だというから驚き。ただちょっとへたりやすいと感じた。

泡をつぶさないように顔にのせて、やさしく顔全体に広げる。

泡がしゅわっと溶けてのび広がり、美容液状になってすーっと肌になじんでいく。やさしくさわやかな香り(オーシャンエナジーの香り)も心地いい。

素早く肌に浸透して、しっとりなめらかな肌に! 化粧水が不要なのではないかというくらいしっかりうるおった。その後使った化粧水のなじみもアップし、いつもよりふっくらもち肌に。つけかえ用のレフィル(90g・希望小売価格 税抜4,500円/編集部調べ、180g・希望小売価格 税抜8,500円/編集部調べ)もあるため、リピートして使う場合はお得感がある。化粧水の浸透力をしっかりアップさせたい方、効果と価格のバランスの良さを求める方におすすめ!

【判定項目】
・性能:★★★★☆
・使い心地:★★★★☆
・保湿力:★★★★★
・その後のアイテムの浸透力:★★★★★
・肌への刺激:★★★☆☆
・価格:★★★☆☆

公式サイト

まとめ

厳選した4つの人気導入美容液をそれぞれ試してみたが、やはりあるのとないのとでは化粧水の浸透力が違うということを改めて実感した。

いつものケアにプラスするだけで手軽にうるおいケアができる導入美容液を取り入れて、夏でも気になる乾燥に負けない肌を育てよう!

商品の購入はそれぞれオンラインショップやドラッグストア、バラエティショップなどから可能。

arrow_upward