話題の新商品コスメをアナタに代わっておためし&レビュー

アディクションから初のスティックハイライターが登場!『アディクション ザ グロウ スティック』でベースメイクを格上げ!

Released from コーセー

アディクションから、光のレタッチ効果で肌本来の美しさを引き立ててくれる2種類のスティックハイライター『アディクション ザ グロウ スティック』が新登場! 超微細パールで肌を明るくライトアップするパールタイプ3色と、96%もの保湿成分配合でみずみずしく艶めくグロウタイプ1色の全4色。異なる質感で目元や頬、デコルテ、唇などさまざまな部分に自然なツヤと立体感を与えてくれるハイライターだ。それぞれ実際にどんな仕上がりになるのか試してみた!

光を自由自在に操り肌本来の美しさを引き立てる2種類のスティックハイライターが登場

アディクションから、クリエイティブディレクターKANAKOによる新商品『アディクション ザ グロウ スティック』(全4色・希望小売価格 税抜3,800円・2020年10月2日発売)が新登場!

KANAKOのベースメイクアップセオリーは、隠すことに固執をしないこと。そんなベースメイクを叶えてくれるのが、今回の新商品である2種類のスティックハイライターだ。光を自由自在に操り、反射させることでミニマムにカモフラージュし、肌本来の美しさを引き立ててくれる。

パールタイプは超微細パールが肌を明るくライトアップ。透明感の高いパールを配合しているため、肌から浮かず自然な透明感と立体感を叶えてくれるのが特長だ。目元や頬だけでなく、デコルテやアイシャドウベースとしても使えるマルチアイテム!

カラーバリエーションは全3色で、ピンクベージュの「001P Above the Moon」、ゴールドベージュの「002P When the Sky is Gold」、シャンパンベージュの「003P The Sun I can Touch」というラインナップだ。

グロウタイプは保湿成分を96%も配合したツヤ効果で、内側から発光するようなみずみずしく艶めく肌に仕上げてくれる。目元や口元、頬、デコルテなどにも使用可能。高密着オイルが配合されているため、モイスチャーバームとしてさまざまな部分に使えるのが嬉しい。

カラーバリエーションは全1色で、クリアピンクの「011G Feel the Heat,See the Light」のみとなっている。

4色を手につけてみるとこんな発色に。

パールタイプとグロウタイプをそれぞれおためし! 仕上がりの違いは?

まずはパールタイプから001Pをピックアップして実際に使ってみた。

3mmほど繰り出して、頬骨の高い部分に塗る。サラサラと伸び広がるテクスチャーで使いやすい。

繊細なパールがキラキラ輝き、やわらかなツヤで肌を自然に明るくトーンアップ。透明感と立体感を演出してくれた。肌に溶け込むような色味のピンクベージュと微細なパールなので肌浮きせず、とてもナチュラルな仕上がりに。パールの輝きも上品なのでシーンを問わず使いやすい。

続いてグロウタイプの011Gを使ってみる。

頬だけでなく目元にも使える。今回は頬以外でに目頭にもオン。リップバームのようなテクスチャーは、みずみずしくなめらか。ただしベタつきはないため使いやすい。

目頭と頬に濡れたようなツヤ感がプラスされ、イキイキした印象に仕上がった。ノンパールでもツヤ効果で立体感まで演出できている。

パールタイプにもグロウタイプにも美容成分として、4種のオーガニック植物由来成分とローズヒップオイル(エモリエント)が配合されているため、時間が経っても乾燥が気にならず、保湿力があるのも高ポイントだった。

仕上がりの違いとしては、パールタイプが微細なパールの上品な輝きで肌を明るくライトアップして立体感を演出してくれたのに対し、グロウタイプはみずみずしいツヤ感で肌の内側から光るようなフレッシュなツヤと立体感を与えてくれたように思う。またパールタイプはサラッとした使い心地、グロウタイプはみずみずしい使い心地だった。

微細パールならではの上品な輝きで肌をトーンアップしたい方、サラッとした使用感が好きな方はパールタイプを、みずみずしいツヤ感を演出したい方、肌にツヤとたっぷりのうるおいを与えたい方、乾燥が気になる方にはグロウタイプをおすすめしたい。

『アディクション ザ グロウ スティック』は、10月2日より公式オンラインショップや百貨店などのアディクション取扱店舗から購入できる。

公式サイトへ

arrow_upward