話題の新商品コスメをアナタに代わっておためし&レビュー

【秋冬新作】ピンクニュアンスを重ねて垢抜け眉に♡ ちふれから初のアイブローパウダーが登場!

Released from ちふれ

顔の印象を左右する「眉」は、メイクのなかでも特に大切なパーツ。最近は、ふんわりソフトな立体眉がトレンドだが、実際はどうやってメイクをしたらいいのだろう……と悩んでいる人も多いのでは?そこで今回は、順に色を重ねるだけで簡単にふんわり眉がつくれる『ちふれ アイブロー パウダー』をご紹介! 同日発売の『ちふれ アイブロー マスカラ』との合わせ使いで、ふんわり立体眉メイクに挑戦してみた。

どんなシーンにも合うふんわり美眉がつくれる! ちふれより待望のアイブローパウダーが新登場

株式会社ちふれ化粧品(埼玉県川越市)が手がける「ちふれ」は、手軽に買える低価格・高品質な商品が人気のコスメブランド。そんなちふれのアイブローアイテムにアイブローパウダー&アイブローマスカラが新たに仲間入りすることに!

『ちふれ アイブロー パウダー』(全2色・希望小売価格 税抜700円・2020年8月下旬発売)は、簡単にふんわり立体眉がつくれる3色入りのアイブローパウダー。

これひとつでベーシックなふんわり眉からニュアンスカラーを重ねたトレンド感のある眉まで、2種類の異なる仕上がりの眉メイクすることができる。

コンパクトなケースには、理想の眉を描くためにこだわり抜かれたダブルエンドブラシが付属されている。

太いブラシは、筆のコシや粉含みが良く、ひと塗りでしっかりと眉の形をつくることができ、細いブラシは、筆が割れにくく、細かい線が描きやすい斜めカットの筆先に。

『ちふれ アイブロー マスカラ 』(全2色・希望小売価格 税抜680円・2020年8月下旬発売)は、ダマにならず、ひと塗りでふんわり染めたようなナチュラルな仕上がりが叶う眉マスカラ。

左から「BR10 」、「BR20」

眉毛をコーティングする成分として、やわらかいポリマー(皮膜形成成分)を配合しており、ふんわりソフトな質感に仕上がるのだそう。

水・汗・皮脂に強く、美しい仕上がりが持続するものの、ぬるま湯で落とせるのもうれしいポイント。

カラーバリエーションは、ライトブラウンの「BR10 」とブラウンの「BR20」。髪色やなりたい印象に合わせて自由に選ぶことができる。

ちふれ待望のアイブローアイテム2種を使って立体眉メイクに挑戦

それでは、さっそく使ってみよう!

まずは、アイブローパウダーから。今回は、ピンク系のニュアンスカラーが入った「PK10」をおためし。

太いブラシに真ん中のナチュラルカラーを適量とり、眉頭から眉山に向かってアーチを描くように色をのせていく。ブラシは肌触りが良く、やさしい塗り心地。粉含みも抜群で、何度も色をとらなくても、きれいなライトブラウンに染め上げることができた。

つづいて、一番下にあるダークカラーを細いブラシにとり、眉山から眉尻に向かって細く描いてゆく。毛先が斜めにカットされていて、仕上がりに差が出やすい眉尻部分もきれいに描くことができた。

仕上げに、一番上のニュアンスカラーを太いブラシにとり、眉毛全体になじませていく。

トレンド感のあるふんわり眉が完成!顔色がパッと明るくなり、可愛らしい印象に。ニュアンスカラーのピンクが悪目立ちすることもなく、ナチュラルに溶け込んでいる。

最後に、アイブローマスカラ(BR20)で眉色を整えたら、よりしっかりと色づいた眉に。

ダマっぽさもなく、きれいなふんわり垢抜け眉に仕上げることができた。

アイブローパウダー「GR30」の色味は?

右からPK10、GR30

カーキカラーをニュアンス使いする「GR30」は、「PK10」に比べるとより大人っぽい印象。落ち着いた雰囲気に仕上がるので、髪色が暗めの人や黒髪の人に特におすすめのカラーだ。

パレットひとつでふんわり美眉が叶う! ちふれのアイブローアイテムで秋冬の眉メイクはばっちり

ちふれのアイブローアイテムの新ラインナップは、ふんわりソフトな仕上がりで、服装が重くなりがちな秋冬に活躍間違いなしのアイテム。

特に、ピンクのニュアンス使いは手軽にトレンド感をプラスできる上、あか抜けた眉印象を手に入れることができるのでおすすめ。

商品の購入は、全国のスーパー・ドラッグストア・対面量販店・直営店・ちふれオンラインショップなどから。気になる人はぜひチェックしてみて。

公式サイトへ

arrow_upward