話題の新商品コスメをアナタに代わっておためし&レビュー

目元の印象が激変!難しいテクニックは不要! 簡単に骨格目元メイクが作れる 『KATE 3Dプロデュースシャドウ』が新登場!

 

立体感とおしゃれ感がどっちも手に入る…♡

マスクを付けることが多い現在、目元を強調するメイクが注目されているという。 KATEから新たに登場する『ケイト 3D プロデュースシャドウ』は、ハイライトやシェーディングなどでり込んだ立体感ではなく、肌に馴染む影色で目元の骨格陰影を自然に引き立てるという。カラーシャドウは立体感を作るのは難しいと感じやすいが、こちらは簡単に立体感も出せるというので楽しみだ! 今回は、これからの秋冬の時期にもピッタリな上品カラーを選んでおためし!

アイシャドウで簡単骨格メイクに挑戦!あなたはどの色が好み?♡

株式会社カネボウ化粧品(東京都)の人気コスメブランド『KATE(ケイト)』は、「立体感」や「骨格」に着目したアイテムを多く発売している。このたび、『KATE 3Dプロデュースシャドウ』(全7種/うちマツモトキヨシ数量限定2種/チップ付き/価格 税込 1,540円(編集部調べ)/2021年8月1日発売)が新登場。

一つのパレットには、質感の異なる4色のシャドウが入っている。これらを組み合わせて使用することで、自然な陰影感を生み出すという。

まずは、定番カラーの5色から見てみよう。

左から、BR-1・スパイシースタイル(肌なじみのよいベージュブラウン)、OR-1・クラッシーフォルム(ヘルシーなくすみオレンジ)、PK-1・シェガーシルエット(こなれ感のある血色感ピンク)、PU-1・ムーディーエクステンション(ムーディーなくすみパープル)、GY-1・トップデザイニング(モードなブラウングレー)。

発色が良いことで人気なKATEのアイシャドウだが、今回の商品も綺麗な発色で目元を強調してくれそう。お値段もお手頃なのに、こんなに綺麗な発色は「流石、KATE! 」と思わず唸ってしまう。

次に、マツモトキヨシ・数量限定の2色を見てみる。

左から、RD-1・エクストラワン(メリハリ感を作るレッド系)、BR-2・ニュー・ニュートラル(陰影を潜ませるナチュラルブラウン)だ!

左上の”肌影カラー”は肌馴染みが良く、右下のハイライトの煌めきが綺麗。どのようになるか、期待が高まる!早速、おためし!

絶妙カラーと質感がカギ! パレット一つで簡単立体おしゃれアイ♡

今回使用するのは、「PU-1・ムーディーエクステンション」。

くすみパープルで、奥行き感あるオシャレな印象の目元がつくれそうだ。

まず、左上の「肌影カラー」をチップの太い方にとる。

上まぶた全体に塗り広げる。

マットな質感のくすみピンクは、肌馴染みのいいカラー。少し広めに眉下まで仕込むことでまぶたをすっきり、骨格を強調して見せることができる。

次に、右上の「立体感カラー」をチップの太い方にとり、アイホールと下まぶたに重ねよう。

深みのあるパープルカラーでこちらもマットな質感だ。

この2色だけでも二重幅がくっきり、まぶたがすっきりして見え、目元の立体感と奥行き感が強調されたように感じる。

左下の「ダークカラー」をチップの細い方にとり、上下まぶたの目尻に入れる。

右上の「立体感カラー」をより濃くしたような色味に、粒子の細かなラメ感が入っている感じ。

下まぶたの目尻側にも入れよう。下まぶたにカラーをいれることにより、目元が協調され一気にオシャレな目元になってきた気がする。

最後に、右下の「3Dハイライト」をチップの細い方にとり、目頭部分に入れる。

こちらは淡いパープルにピンクを足したような色合いでキラキラのラメ感があって可愛い。目頭部分に入れると瞳のウルウル感も出て女性らしい印象になった。

ちなみに、左上の「肌影カラー」はシェーディング、右下の「3Dハイライト」はハイライトとして顔全体に使用することで、目元や頬などパーツの立体感を作ることもできるという。

これさえあれば立体感のある骨格メイクは難しくない! 持っていて損なしアイシャドウ

デイリー使いからオシャレ系のカラーメイクまで楽しめるカラーバリエーションなので、色違いでも揃えたくなるほど。

マスクメイクにおいて目元の印象を変えたい人、簡単に骨格メイクにチャレンジしてみたい人に、是非おすすめしたいアイテムだ。

RD-1、BR-2はマツモトキヨシ数量限定となっているので、気になる人は早めにチェックしてみて!

商品の購入は、全国のドラッグストア、オンラインショップなどから。

公式サイトへ

arrow_upward