話題の新商品コスメをアナタに代わっておためし&レビュー

季節の変わり目に感じる肌荒れは今から予防するのがおすすめ! 『dプログラム スキンリペアクリーム』が登場

Released from 資生堂

肌荒れ前に美肌の土台作りをしよう!

長引くマスク生活によって肌が不安定になりやすい、季節の変わり目になると肌荒れしてるかも?と感じる時はないだろうか。こういう時に、肌が荒れてから慌ててケアを始める人も多いが、事前に肌荒れしないように予防ケアしておくとひどくなりにくく、肌のコンディションをキープ出来る。今回、「dプログラム」から敏感肌でも使える肌荒れ予防に着目したクリーム 『dプログラム スキンリペアクリーム』が登場! 早速使用感をおためししてみた。

肌荒れしてからではなく、肌荒れする前に予防ケアするリペアクリームが登場!

株式会社資生堂(東京都)が展開するスキンケアライン「dプログラム」は、環境の変化や生活リズムによる肌不調、繰り返す肌荒れなど敏感肌に揺らぎやすい肌を守りながら美肌へ育む低刺激設計のスキンケア・メイクアップブランド。このクリームは50年の敏感肌研究から、全ての肌に存在し24時間365日肌で働く「美肌菌」に着目して作られているそう。

今回発売されるのは、季節の変わり目、生理によるホルモンバランスの変化時、ストレス、睡眠不足、長時間のマスク着用などで感じる肌荒れを予防する敏感肌用クリーム『dプログラム スキンリペアクリーム』(45g・本体・税込 3,960円・2021年9月21日発売)。ケースと中身がセットになっている本体タイプで、グレーのシンプルなデザインがおしゃれ。

また、今回は詰め替え用のレフィル『dプログラム スキンリペアクリーム』(45g・つけかえ用レフィル/税込 3,410円・2021年9月21日発売)も発売されるとのこと。

そのままで使い続ける場合は、本体は手持ちのものを使用し、中身のレフィルだけを入れ替えて使えるのも嬉しい。

クリームの特徴であるリーチ&シールド処方とは、乾燥や不安定な肌の角層の深部に対して潤いを与え、潤いを閉じ込め蓋をしたようなしっとり感を高めるもので、保湿成分であるスキンリペアコンプレックスが配合されていることから、ゴワつきやザラつく肌を滑らかにし、肌の生まれ変わりをサポートして肌を健やかに保つことができる。こういった乾燥ケアをおこなうことで、乾燥による小じわを目立たなくするそうだ。

また、有効成分であるトラネキサム酸とグリチルリチン酸ジカリウムも配合されているため、肌荒れやニキビを予防する。

「dプログラム」は全アイテム共通して厳選された成分を使用し、無香料、無着色、パラベン(防腐剤)無添加、クリーン設計など低刺激設計で作られているため、デリケート肌でも安心して使える。

少量でもしっとり肌を守るホールド感が感じられるクリーム

では、早速使ってみよう。

クリームの見た目は、白く濃厚そうなもっちりとした印象。

本体タイプにはスパチュラも内蔵されているので、中身を取り出しやすく衛生面でも安心だ。

化粧水を肌に馴染ませた後、スパチュラにパール粒1コ分を目安に取る。

テクスチャーは柔らかく滑らか。

両頬、おでこ、鼻、あごに乗せ、顔全体に優しく広げる。溶けていくように肌にスッと馴染み、ヴェールをかけたようなしっとり感がある。

手のひらで軽くおさえるように馴染ませよう。

先に塗った化粧水や美容液を逃さないように密閉されている感じがあり、肌に馴染ませた瞬間からぶわっと肌が膨らむようなしっとり感がある。

肌馴染みが良く、潤いとツヤっぽさも出るので一気にハリツヤ肌に! パール1コ分でも十分なほど肌がもちもちしてふっくらし、肌が一気に潤いで満たされていくような心地良い使用感を感じた。

潤いたっぷりのふっくら柔らかい肌に仕上がり、しっかり保湿されてキメが整ったように感じる。また、嫌なベタつきは一切なく、使用感もさらっとしていてとても心地良い。

肌荒れを感じやすい季節の変わり目は予防ケアを!

夏の紫外線やエアコンによる乾燥は、季節の変わり目になるとカサつきや肌荒れとなってあらわれやすい。

肌荒れが起きてから慌ててスキンケアをするのではなく、肌荒れが起きることを想定した守りのスキンケアを始めておくのがおすすめ。「dプログラム」は低刺激なので肌にも優しく、潤いを与えながら逃さないしっとりした保湿力も十分あるので、あらゆる部分からしっかり肌を守るクリームだ。

季節の変わり目になると肌の不調を感じやすい人は、ぜひ予防スキンケアとしてチェックしてみて!

 

商品の購入は、ドラッグストア、GMS、化粧品専門店、資生堂の総合美容サイト「ワタシプラス」から購入可能。

公式サイトへ

arrow_upward