話題の新商品コスメをアナタに代わっておためし&レビュー

高保湿も叶うエイジングケア『ルアラ HQエッセンス』『ルアラ フェイスクリーム』で冬こそ美肌になろう♡

Released from LEWA

エイジングケア+保湿ケアの両立が、冬の肌を制する…!

肌寒くなってきた今重視したいのは、気になる年齢肌(※1)のエイジングケア(※2)? それとも乾燥対策の保湿ケア? ずばり、どちらも大切だから両立させたいところ! エイジングケア(※2)と保湿の両方を取り入れたい人には、高浸透型(※3)『ルアラ HQエッセンス』『ルアラ フェイスクリーム』がおすすめ。夏に受けた肌ダメージに多方面からトータルアプローチしながら、冬空に映える澄んだ美肌を目指そう。

「Luara(ルアラ)」からエイジングケア(※2)アイテムが新登場!

最近なんだかハリがなくなり、小ジワ(※4)や毛穴、たるみが気になってきた…。季節が変わりそんな嬉しくない肌の変化を感じている人も多いだろう。そんな老け顔を作り出す原因とも言えるのが、肌の “乾燥” だ。乾燥を放っておくとあらゆる肌トラブルに繋がってしまう。だからこそ、肌のバリア機能を高め、エイジングケア(※2)の基本中の基本として  “保湿ケア” にもしっかり力を入れておきたい。

そこでご紹介したいのが、LEWA株式会社(東京都中央区)が展開するスキンケアブランド「Luara(ルアラ)」のスキンケアアイテム。なかでも今回ご紹介する高浸透型(※3)の美容液&クリームは、エイジングケア(※2)+保湿ケアを両立させたい人にぴったりのアイテムだ。

 

最大の特徴は「リポカプセル処方」を採用していること。保湿美容成分を角層深くまで届け、内部で放ち、角層すみずみまで広げてうるおいとハリを長時間キープしてくれる。天然由来成分や保湿美容成分を贅沢に配合し、合成香料、合成着色料といった肌に負担をかける成分は無添加。肌と一体化するような心地よいテクスチャーで、使用感にもこだわっている。

『ルアラ HQエッセンス』(30ml・価格 税込14,300円・発売中)は、化粧水のあとにプラスしたい美容液。リポカプセル処方に加え、成分がじっくり浸透(※3)する「持続型ビタミンC誘導体(※5)」と浸透力(※3)の高い「水溶性ビタミンE誘導体(※6)」をダブルで配合した美容液。また、4種類の植物由来成分や美肌へのカギとなる2種類のヒト型セラミド(セラミド2、セラミド3)、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分が肌をみずみずしくうるおしてくれる。環境ダメージ(※7)・年齢サイン・ザラつきやキメの乱れ・毛穴まわりくすみ(※4)など、気になる大人肌にアプローチし、ハリ感あふれるなめらかで美しい素肌へと導いてくれる。

お手入れの最後に使いたいのは『ルアラ フェイスクリーム』(50g・価格 税込10,450円・発売中)。こちらはリポカプセル処方に加え、肌を引き締め、ハリ感を与える2種類の高機能ペプチド「シン・エイク(※8)」「シン・ハイカン(※9)」や2種類のヒト型セラミド(セラミド2,セラミド3)を配合したクリームだ。さらにセラミドだけではなく、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分や7種類の植物エキス(保湿整肌成分)、天然オイルのスクワランをバランスよく配合。エイジングサイン(※10)が気になる肌にしっかりと潤いを与え、乾燥から守り、弾むようなハリツヤ肌へと導いてくれる。

美容液+クリームで悩み多き大人肌をケア!

最近は空気が乾燥するにつれて顔の印象もくすみ、なんだかメイクも映えず気分が乗らない日々…。エイジングケア(※2)+保湿ケアで美肌へと導いてくれるルアラのアイテムは、そんな記者にぴったりかも! さっそく美容液からおためししてみよう。

『ルアラ HQエッセンス』は適量が出しやすいプッシュ式。

ワンプッシュすると、乳白色に輝くエッセンスがとろりと出てきた。

テクスチャーは乳液に近いが、ボトルから出た形がしばらくキープされるような程よい弾力がある。

なんだかぷるぷるして愛らしい。香りは無臭だから、普段香り付きのスキンケアアイテムを愛用している人にも使いやすいだろう。

顔になじませると、まるでとろ~り系のローションを付けているみたい! 顔全体が贅沢なうるおいでヒタヒタに満たされていく。

しなやかにすっと伸びて、そのまま溶け込んでいくように柔らかい。肌の奥の奥まで届いていくみたいななじみの良さで、あっという間に吸い付くような手ざわりへと変化してきた。

小ジワ(※4)が気になるおでこやカサつきがちな口元には、特に念入りになじませよう。適量である2~3プッシュを手に出したときは「ちょっと量が多いかな…」と感じていたが、驚くほどぐんぐんなじんでそんな心配もどこへやら。

仕上がりの肌を指で触ってみると、ハリが出たように感じる! 肌が柔らかくなったみたいにしっとりもっちりしていて、頬の毛穴や目尻の小ジワ(※4)もなんだかふっくらしたみたいだ。

続けて『ルアラ フェイスクリーム』もおためししてみよう。

1回の使用量の目安はパール粒2~3個分くらい。専用のスパチュラが付いているから、いつでも衛生的に使えていい。

クリームのテクスチャーは想像より柔らくて軽め。手のひらに取り傾けると、数秒してゆっくりすべり落ちてくるようなイメージだ。

乳液感覚で肌にするりとなじんでくれる。こっくり濃密系のクリームとは違い、軽やかに肌を包み込んでくれるので肌が息苦しくなるのが苦手な記者にとっては嬉しい使い心地!

美容液でとクリームでうるおいをしっかりとチャージ。テクスチャーは共にみずみずしく軽いつけ心地。スッと浸透(※3)し、肌と一体化するような感覚。

このいきいきとした印象の肌を見てほしい。うるおいで満たされた肌は、キメが整いハリツヤのあるなめらかな肌に。

うるおいはしっかり閉じ込めながらも軽やかな仕上がりだから、ベタつかずさらっとした肌ざわりも快適そのものだ。

エイジングケア(※2)と保湿ケアの両立はルアラのアイテムで

エイジングケア(※2)と保湿ケアって別物でしょ? なんて思っている人も多いかもしれないが、それはNO! ルアラの美容液&クリームでケアした肌を見れば、その両立がいかに大切であるかをお分かりいただけただろう。

 

季節の変わり目で肌ゆらぎに悩んでいる人、エイジングケア(※2)はしているつもりなのに効果を感じられていない人は、ぜひ『ルアラ HQエッセンス』『ルアラ フェイスクリーム』を試してみてほしい。

 

悩める大人肌に磨きをかける贅沢スキンケアで、これまでとは見違える肌を手に入れよう!

 

商品はLuaraの公式オンラインショップから購入できる。

 

※1 年齢を重ねた肌

※2 年齢に応じた保湿・整肌のお手入れ

※3 角層まで

※4 乾燥による

※5 アスコルビルグルコシド(整肌成分)

※6 トコフェリルリン酸Na(整肌成分)

※7 乾燥や紫外線など

※8 ジ酢酸ジペプチドジアミノブチロイルベンジルアミド(整肌成分)

※9 トリフルオロ酢酸テトラデシルアミノブチロイルバリルアミノ酪酸ウレア(整肌成分)

※10 乾燥によるハリ・ツヤのなさ、キメの乱れ

公式サイトへ

arrow_upward