話題の新商品コスメをアナタに代わっておためし&レビュー

冒険カラーで、まなざし新鮮♡ SHIROの大人気『ジンジャーアイシャドウパレット』が劇的に進化を遂げて登場!

Released from シロ

未体験のカラーをまぶたに纏って、新しい目元、新しい自分へ!

マスク着用が日常となってから、マスク映えを狙って毎日アイメイクを頑張っている人は多いだろう。その一方で、アイメイクのワンパターン化に悩む人が目立つのも事実。記者も気分や洋服に合わせてアイメイクをガラリと変えたい気持ちはあるが、派手になりすぎるのが怖くて、結局いつも無難なカラーのアイシャドウを選んでしまう。そんなアイメイクのマンネリ打破におすすめなのが、SHIRO『ジンジャーアイシャドウパレット』。最近、環境や社会に配慮した“エシカル”な視点でニューアルしたことでも注目を集める名品を、早速おためししてみた。

指塗りで簡単に今っぽEYE♡ 異なる質感の4色で、多彩な目元の表情を演出

SHIROは、「自分たちが毎日使いたいものをつくる」というコンセプトのもと、素材にこだわりシンプルな発想でつくるアイテムが人気を集めるコスメティックブランドだ。手掛けているのは、株式会社シロ(東京都)。開発から製造、販売に至るまですべて自社で一貫して行うことで、高品質なコスメを提供している。

今回ご紹介するのは、これまでもSHIROが実践してきた地球環境や社会に配慮する“エシカル”な取り組みを軸にリニューアルした『ジンジャーアイシャドウパレット』(全4種・価格 税込7,480円・発売中)。

ジンジャー(※)配合で目元を潤す機能はそのままに、指で塗りやすい質感に仕上げることで、付属のブラシを廃止。まぶたの上で指をすべらせると、ふんわりニュアンスに仕上がり、今っぽい抜け感が手に入る。

(※)ショウガ根茎エキス/整肌

1パレットに、スタイリッシュで使いやすい3 色と、華やかで冒険できるアクセントカラーをセット。

カラーバリエーションは、左から「1I01 ブロンズカッパー」「1I02 ダスクピンク」「1I03 ブラウンオーカー」「1I04 クラシカルベージュ」の全4種だ。

パウダータイプやクリームタイプなど、色に合わせた質感を組み合わせているので、多彩な目元の表情をつくることができる。パレットを使っていると、あまり使わなくて余らせてしまう“捨て色”問題が浮上しがちだが、こちらは4色それぞれに量を調整することで、最後まで使い切りやすくなった点にも注目したい。

パッケージをスリムなデザインへと変更することで、使用するプラスチックの量を削減。

箱なしを選べば、エシカル割(全4種・価格 税込7,256円)が適用されてお得に購入できるのも魅力だ。

見た目とは裏腹にシアーに色づくから、まぶたにのせるたびワクワクする楽しさ♪

劇的な進化を遂げた『ジンジャーアイシャドウパレット』をおためしして、その使用感をチェックしてみよう!  SHIROのコスメは、今回初体験の記者。リニューアル前の商品がネットで高評価だったし、シンプルかつ洗練されたパッケージが素敵すぎて、使う前からワクワクが止まらない!!

左から:「1I01 ブロンズカッパー」、「1I02 ダスクピンク」

腕につけてみると、パレット内のパキッとした色味からは想定外のふんわりやさしい発色に感動♡

左は、質感の違うブラウンで「1I01 ブロンズカッパー」。右は、グレイッシュなピンクとイエローが目元を華やかに彩る「1I02 ダスクピンク」。

左から:「1I03 ブラウンオーカー」、「1I04 クラシカルベージュ」

そしてこちらはアースカラー×ブルーグリーンで淡くヌーディな目元に仕上がる「1I03 ブラウンオーカー」と、クラシカルでモードなカラーメイクを楽しめる「1I04 クラシカルベージュ」。

どれも透けて色づくから、派手にならずに、今どき感のあるメイクに仕上がりそう。つけた腕の匂いをかいでみると、ほんのりショウガの良い香りが漂ってきて、ほっこり癒されるひととき♡

今回アイメイクをおためしするカラーは、「1I02 ダスクピンク」。

記者もピンクはたまにアイメイクに使用するが、イエローは今まで使ったことがない未知のカラーなのでドキドキ! 4色すべてに繊細なラメが配合されているから、ツヤ肌効果も期待できそうだ。

まずは、ベースに使うイエローを指先にとろう。

パウダーとクリームの中間のような新感触のテクスチャー♪

アイシャドウをとった指先をすべらせ、上まぶた全体に塗り広げていこう。

指を軽く滑らせるだけでのばしやすく、粉落ちもせず、ピタリとまぶたに密着! 落ち着いた色味のイエローは、想像以上に肌馴染みが◎!

次に使用するのは、アクセントカラーのピンク。

ほんのりパウダーを感じさせる、クリーム寄りのテクスチャーだ。

指先にとったアイシャドウを、二重幅に重ねて広げていこう。

しっとりとしたテクスチャーなので、まぶたのキワにも優しくのばしやすいのがポイント。くすみがかったピンクは、甘くなりすぎず、「可愛さ」と「大人っぽさ」が同居する優秀カラーだ。

続いて、締め色として使うグレーを指先にとろう。

こちらは、油分多めのクリームタイプ。4色の中で最もこっくりとしたテクチャーだ。

指先でポンポンと軽く押さえるように、上まぶたの目尻側に重ねてのせる。

まぶたにのせると透けるように発色するグレーは、適度に目元を引き締め、攻めすぎない仕上がりに。

最後は、ハイライトカラーとして使うベージュを指先にとろう。

こちらは、しっとりとしたきめ細かいパウダータイプ。

指先にとったアイシャドウを、上まぶたの中心に広げよう。

ラメをたっぷり配合しているので、ひと塗りでまぶたに贅沢な輝きをもたらしてくれる。

仕上がりは、パレットから想像できないほどナチュラル。それでいて、明るく彩るイエロー×ピンクで目元の存在感はバッチリだ。

新しい色に挑戦すると、新しい自分に出会えるようでワクワクしてくる。『ジンジャーアイシャドウパレット』をおためししてから、もっといろんな色のアイシャドウに挑戦してみたくなった。

目を伏せたときにチラリとのぞく温かなイエローが新鮮♪

親しみやすい優し気な印象だ。初対面の人にも好印象を与えてくれそう。

1つのパレットに色・質感・輝きが異なるアイシャドウが入っているため、のせ方次第で多彩なメイクが楽しめるのも魅力。クリームだけでつけたり、その上にパウダーを重ねたりと、その日の気分に合わせてアイメイクを楽しんでほしい。

マスク姿でも自分らしさが主張できるアイメイクを探している人にぴったり♪

まだ続きそうなマスク生活。アイメイクで自分らしさを表現したいという人は、SHIROならではのオシャレで個性的なカラーが楽しめる『ジンジャーアイシャドウパレット』を取り入れてみてはいかが。

どのパレットにもアクセントカラーが入っているので、普段使いのメイクをしたいときはアクセントカラーを抜いた3色使い、ちょっと攻めたい気分のときはアクセントカラーを目元にのせて楽しむのがおすすめだ。

 

購入はSHIROオンラインストアや全国のSHIRO取扱い店舗から。是非チェックしてみて!

公式サイトへ

arrow_upward